スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グラノーラ

2010年03月14日 11:34

NYで買った数々のロースナックの中で、特においしかったもの。

もしかしてナンバー1はこれかもしれません。


RAWNOLA (グラノーラのローバージョン、ということで…)
rawnola1

rawnola2

原材料は
ココナッツ
アーモンド
かぼちゃの種
アガヴェ
天日海塩
シナモン
ショウガ
バニラビーンズ


おいしくない訳がないでしょう!
甘すぎず、固すぎず、柔らかすぎず、上品なグラノーラ。
ディハイドレーターを買ったら、ぜったい作ってみたい一品。


こちらで通販してます。

Earthling Organics
http://earthlingorganics.com/


もったいないのでチビチビいただいてます。
あと何日もつでしょうか、、。



スポンサーサイト

春のスープ

2010年03月13日 21:50

今日は穏やかなポカポカ日和。

気分良く、ランチにはいつものサラダにスープを足してみました。

lunch100313a
アボカドとセロリのクリーミースープ バジル風味

お味は…うーん、期待外れでした。やっぱりセロリがきつかった。。


お口直しに(笑)、いつものミックスサラダ。いつも通り、おいしくてほっ。
lunch100313b
最近使っているアボカドオイル、相当おいしいです。


デザートはマカロンに穀物コーヒー。
lunch100313c
NYのオーガニック・アベニューのマカロン、これでようやく終わりました。
マカロン、味も変わらずよく1か月以上ももつもんだ。


スープ、もともとのレシピは Ani Phyo の Spicy Kream of Avocado Soup。
こちらは基本的にはアボカドだけなので、絶対おいしいと思われます。
今度はレシピ通りに作ります~。










幸せを運ぶロブスターテイル

2010年03月12日 20:10

アメリカに行ったらこれだけは食べる!というスイーツがあります。

それは


ロブスターテイル
lobstertail01

前も書きましたね。。。もともとはイタリアのお菓子らしいんですが、どうなんでしょ。

生地 - 固めのシュー生地の上に、固くてパリパリの別の種類の生地がひだのようにぐるぐる巻きになっている2層構造。

中 - たっぷりのカノーリクリーム。リコッタチーズと粉砂糖で作る濃厚かつさわやかクリームです。


これがもう、やみつき。

近所のイタリアンベーカリーで、毎週木曜と土曜日に焼くんですね。なので、、、「これ好きでしょう?」と家族が代わる代わる買ってきてくれて、毎週必ず食べてました。

これ、1個が相当大きいです。VHSのビデオ、あのくらいの大きさです。

日本から到着した当初は、1/2個食べるのが精いっぱいでしたが、だんだん慣れて、1個まるごと平らげた日には褒められました(゜.゜)

しかも、、、胃袋の慣れって怖いですね。1個じゃ物足りないようになり、、、、でも調子にのって1個以上食べると、その後 気持ちワル、、、と胃腸薬飲んで寝るハメになるます。


1月後半になるとさらに、毎年この時期にしか食べられない セイント・ジョーゼフ(写真左) というお菓子が出るようになって、家族がお互い知らずにダブルで買ってきてしまうことが多々あり・・・。

lobstertail03

いただきましたとも。ロブスターテイル1個+セイント・ジョーゼフ1/2個。

セイント・ジョーゼフは、中身は同じカノーリクリームですが、生地が違います。ミスドのフレンチクルーラーの生地に似ている、甘くてふわふわ感のある多少脂っぽいような生地です。


ロブスターテイルは時間が経つとパリパリ感がなくなってしまうので、フレッシュに限ります。でもセイント・ジョーゼフはもともとしっとり生地なので数日間は平気。


普段は白砂糖も白小麦粉も極力避けていますが、ロブスターテイルたちには逆らえません。

そんなときは、罪悪感を感じながらいただくのではなく、堂々と、あーおいしい幸せ!と思いながらいただくことにしています。

おいしいおいしい、と大好きなお菓子がいただける。やっぱ、幸せですね。

今度NYに行く皆さん、ぜひイタリアンベーカリーを見つけたら、探してみてください。ミッドタウンではなく、少し離れて昔からイタリア系の人々が住んでいるような地域のベーカリーが狙い目です。(リトル・イタリーのベーカリーにあるのかどうかは未確認。少なくともセイント・ジョーゼフはかなり著名なお菓子らしいです)


アメリカの簡易包装も好きです。
lobstertail02

ご当地フォルムカードNAGANO

2010年02月27日 13:09

はっちんから頼まれていた郵便局のご当地フォルムカード、買いに行ってきました!!

長野県バージョンはりんごちゃん
formcard_nagano

いや~実物を見ると、かなりしっかりしたつくりで、しかも、楽しい・・・。

ワクワク度上がっちゃいました。

全国制覇したくなるのもわかるかも~~。

私も他の都道府県手に入りそうか周りに聞いてみよーっと。

沖縄かわいいな、シーサー。

ちなみに家の庭にいるシーサー君。もう一人向かいにいます。
seasar01


はっちん!りんごちゃん、待っててねー!


NYレストラン Quintessence

2010年02月25日 14:51

1月はNYに行ってましたが、いろいろな新しい発見ができました。
ちょっとずつアップしますー。

今回はローフードを求めて街を散策。というとだいたい East Village。
今年は昨冬よりもずいぶん暖かかったので、外を歩くのもだいぶ楽でした。

10周年を迎えるローフードレストラン Quintessence(クインテッセンス)はランチ・ディナーで2回ほど訪問。いや~、おいしいものも微妙なものもありましたが(笑)、とにかく一人でもぷらっと入れて、丁寧に作られたローフードが気軽にいただけるのがうれしかった。

ローフード(加熱しない料理)ってサラダ以外何があるのさ、とよく聞かれますが(^_^;)、加熱料理と同じメニューを何でもローフード流に作っちゃうんですねー。

今回いただいたのはランチコンボ(ディナーのときは写真撮らなかったー)。

Scallion Creme Cheese Roll (エシャロットクリームチーズ海苔巻き)quintessence01
これはその前に訪問した時、他のアメリカ人のお客さんが絶賛していたので、次はきっとトライしようと思っていたです。Scallionはよくわからず(笑)、アルファルファ巻きって感じでしたが、中のカリカリオニオンがびっくりするほど濃いアクセントになっていて、クリームチーズソースも上品な味、確かにおいしかったです。でもそんな絶賛はしないかなあ、、、。


Hummus Falafel Wrap(ハマス・ファラフェル・ラップ)quintessence02
これは激ウマ!!ピタパン代わりのローフラットブレッドはしっとりソフト、またハマスがやっぱり濃厚でクリーミーで、普通の(加熱料理の)ハマスよりもずっとおいしいと、ノンベジの彼もびっくりしてました。

そして忘れちゃならないのが、サラダのドレッシング
バジルベースでクリーミーとさわやかの中間、ほどよい甘みと酸味が絶妙、これは真似できない味!と思うほどおいしかったです。たっぷりついてきましたが、残さずいただきました(笑)。何種類かのドレッシングから選べるとメニューにはあったのですが、実際は選べずこの1種類だけ(ハウスドレッシング)。ちぇーっ、なんて一瞬でも思ったことを後悔するほどの激ウマドレッシングでした。やっぱりローフードは何と言ってもサラダが多いので、いかにおいしいドレッシングを取りそろえられるか、ポイント高いですね。


そしていっちゃいました。$20のデザート盛り合わせ(^v^)
quintessence03
右下から時計回りにティラミス、ピーカンパイ、ココナッツクリームパイ、チアシードプリン。もう、やはりデザートがローフードの骨頂!!チアシードはタピオカみたいで、こんなにおいしくて栄養価高いスーパーフードなら、今後ぜひ取り入れてみなくっちゃ、と決意したのであります。。

一番感動したのがこのココナッツクリームパイ。
quintessence04
いやー。ココナッツ、あまり好きな方ではないのですが(食べ過ぎると気持ち悪くなる、、フレッシュなココナッツだったらいいのだろうが・・・)、これには参りました。ぜったい真似して作ってみます。やっぱりフレッシュココナッツから作ってるんだろうなあ。。。


そして感動的なおいしさだったのがチャイラテ、カフェラテ
こちらはさすがにホットで出してくれましたが(そのくらいのゆるさも好き)、びびび、びっくりなおいしさ。牛乳の代わりに何を使っていたかというと、カシューナッツミルク。もちろんローカシューナッツから作ったもの。だから濃厚で香りがよくて、、。ただひとつの難点は甘すぎたこと。多分甘味料はアガベだと思いますが、アメリカ人仕様だから私には甘すぎて、、。ティータイムに単独でいただくならいいかもしれません。でも、それを差し引いても座布団5枚のおいしさでした。


この感動を忘れないうちに、、、、私の東京ワンルームキッチンで再現して、友達にも味わってもらう!!というのが当面の目標です(笑)。


ローフード、恐るべし!


Quintessence
263 E 10th Street (btw. Ave A & 1st Ave)
(646) 654-1823
http://www.raw-q.com/


ちなみに同じ 10th St. には日本人女性が経営する有名なデザートバー ChikaLicious Dessert Bar がありました。かなり入ってみたい誘惑に駆られました~。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。