FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せを運ぶロブスターテイル

2010年03月12日 20:10

アメリカに行ったらこれだけは食べる!というスイーツがあります。

それは


ロブスターテイル
lobstertail01

前も書きましたね。。。もともとはイタリアのお菓子らしいんですが、どうなんでしょ。

生地 - 固めのシュー生地の上に、固くてパリパリの別の種類の生地がひだのようにぐるぐる巻きになっている2層構造。

中 - たっぷりのカノーリクリーム。リコッタチーズと粉砂糖で作る濃厚かつさわやかクリームです。


これがもう、やみつき。

近所のイタリアンベーカリーで、毎週木曜と土曜日に焼くんですね。なので、、、「これ好きでしょう?」と家族が代わる代わる買ってきてくれて、毎週必ず食べてました。

これ、1個が相当大きいです。VHSのビデオ、あのくらいの大きさです。

日本から到着した当初は、1/2個食べるのが精いっぱいでしたが、だんだん慣れて、1個まるごと平らげた日には褒められました(゜.゜)

しかも、、、胃袋の慣れって怖いですね。1個じゃ物足りないようになり、、、、でも調子にのって1個以上食べると、その後 気持ちワル、、、と胃腸薬飲んで寝るハメになるます。


1月後半になるとさらに、毎年この時期にしか食べられない セイント・ジョーゼフ(写真左) というお菓子が出るようになって、家族がお互い知らずにダブルで買ってきてしまうことが多々あり・・・。

lobstertail03

いただきましたとも。ロブスターテイル1個+セイント・ジョーゼフ1/2個。

セイント・ジョーゼフは、中身は同じカノーリクリームですが、生地が違います。ミスドのフレンチクルーラーの生地に似ている、甘くてふわふわ感のある多少脂っぽいような生地です。


ロブスターテイルは時間が経つとパリパリ感がなくなってしまうので、フレッシュに限ります。でもセイント・ジョーゼフはもともとしっとり生地なので数日間は平気。


普段は白砂糖も白小麦粉も極力避けていますが、ロブスターテイルたちには逆らえません。

そんなときは、罪悪感を感じながらいただくのではなく、堂々と、あーおいしい幸せ!と思いながらいただくことにしています。

おいしいおいしい、と大好きなお菓子がいただける。やっぱ、幸せですね。

今度NYに行く皆さん、ぜひイタリアンベーカリーを見つけたら、探してみてください。ミッドタウンではなく、少し離れて昔からイタリア系の人々が住んでいるような地域のベーカリーが狙い目です。(リトル・イタリーのベーカリーにあるのかどうかは未確認。少なくともセイント・ジョーゼフはかなり著名なお菓子らしいです)


アメリカの簡易包装も好きです。
lobstertail02

スポンサーサイト

回復祝 subside

2009年07月28日 21:50

坐骨神経痛がようやく治ってきました。


痛みがない生活って、素晴らしい。


仰向けでも寝られる、

歩いても大丈夫、

車も運転できる、

買い物にも行ける、

お風呂で脚先までちゃんと洗える、


普通のことができるって喜びをかみしめながら・・・。

この感謝の気持ちを覚えていなくっちゃー。




ということで、まだ完治とはなりませんが、
ここまで約2カ月の記録です。


私自身、いろんな方の闘病日記を見て励まされたので、
以下は椎間板ヘルニアまたは坐骨神経痛で苦しむ方へ。
少しでもお役にたてばと思いながら。


この間いろいろなことを学び感じましたが、
それはまた完治したときにお伝えしまーす。




<発症まで>

昨年11月 腰痛で整形外科受診。湿布とコルセット。12月に治る。
2月末 ヨガ(ハムストリング強化クラス)のあと再び腰痛。
3月 洗面台で顔を洗えない(腰が曲げられない)くらい朝ひどい痛み。
4月 痛みが臀部(お尻)に移動。でも腰痛との関係を全く気付かず。
5月 お尻の痛みがいよいよ激しくなる。股関節付近も痛くなったので
   股関節脱臼の影響かも、と疑い整形外科の予約をとる。
   30日あまりの痛さに予定をキャンセルするも、
   リハビリがてら散歩にでかけたら痛みがひいたので気を抜く。
   31日発症!歩けば治ると思って無理して散歩に出かけたら、
   数分もしないうちに左脚うら全体にビビビーンと激痛。立っていられない。
   ただ事ではないとようやくわかる・・・。


<発症から激痛期>


6月第1週  痛みはまだ序の口だった


整形外科受診。レントゲンや検査で
椎間板ヘルニアに伴う坐骨神経痛」と暫定診断。

鎮痛剤と筋肉弛緩剤を処方される → 効果なし

MRIの結果、腰椎5番と仙骨1番の椎間板がびよーんと飛び出ている。
椎間板ヘルニアと確定診断。脊椎の専門医へ紹介される。
mri

でもまだこの頃は何とか自分で運転して病院へ行けた。
ただ寝るときはうつ伏せオンリー。



6月第2週  痛みが本格化


専門病院で受診。
この頃には運転も椅子に座ることもできなくなる。


脊椎専門医による説明

「椎間板が飛び出るのは老化現象のひとつで仕方がない。
基本的には自然治癒しかない
リハビリ(理学療法)はやってもやらなくても同じ。

医者から手術を勧めるのは下記の場合のみ。
(1)排尿のための神経までダメージを受けている場合
(2)脚の筋力の著しい低下(つま先立ちできないくらい)

手術をしてもしなくても、数ヵ月後の回復状態は同じ。
しばらく仕事を休んで療養できるなら自然治癒に任せ、
仕事を休めないなどの理由により希望すれば手術はできる。
なので判断は患者さんにゆだねます。」


これ、みのもんたさんも行ったという病院の脊椎センター長のお言葉。


「ただ自然治癒を選択するも、痛みに耐えかねて手術する人も少なくない。」


わかるわかる!

この痛みから解放されるなら手術でも何でもして!と思うものです。

しかし、何でも自然派(笑)の私としては自然治癒で治したい。

痛みに耐えられるかどうかはわからないものの、ひとまず手術は
後で考えることにして、応急処置として痛みを取り除くための
「神経ブロック注射」で様子を見ることに。


ブロック注射(1) 尾てい骨のあたりから1本

なんだ、思ったより痛くない。


結果  変化なし T.T



6月第2週  痛みの意味を追及する


ブロック注射の経過観察。

うつ伏せになりながら腰痛や自然治癒関連の本を読みまくり、
この痛みは私になんのメッセージを伝えようとしているのか、
一生懸命考える。


「椎間板ヘルニアは痛みの直接的な原因ではない!」という
サーノ医師の理論に同調し、手術はしないという選択をする。

処方された鎮痛剤(ロキソニンと座薬ボルタレン)は律義に飲むが効果なし。

ひたすら「痛みを叱り飛ばす」ことをして、ある程度効果あり。



6月第3週  痛みに慣れてくる


前週と同じく。

明け方から昼くらいまでが特に痛い。夜は調子がよい。

「痛みを叱り飛ばす」のには相当な気力が必要で、だんだんできなくなる。


ブロック注射は効果なしだったが、これは身体の状態や
医師の腕など、成功は諸状況による。神経の手前のエリアに
麻酔薬がドンピシャ入ると、劇的に効く。
だから一度やってダメでもあきらめないで、何度か挑戦する
価値はある、とマッサージ師の方に励まされる。



6月第4週 痛みが猛烈激烈ピーク!!もうダメ


いろいろな方が腰痛についてアドバイスをくれる。


腰痛はあっためるのがいい、ということで温泉へ。
それが逆効果で痛み猛烈激化!(>.<)


どうしようもなくて翌日ペインクリニックへ。


ブロック注射(2) 腰椎・仙骨にレントゲン映像を見ながら2本チクっ

結果  その日の深夜より激痛がさらに悪化。
     どんな姿勢でも耐えがたい痛みにもだえ、涙がでてくる。
     「この脚を切断してくれ!」という状態が2日間。

     痛みのピークでした。



7月第1週  ピーク後の小康状態


ペインクリニックで結果報告。
まだ患部に炎症があり、麻酔薬を異物と見なして反応したのでは
ないかということ。(ブロック注射で悪化はあるそうです)

とりあえず「効果はイマイチ」だが一番痛い臀部への局所麻酔を1本チクっ。



この頃、戸澤洋二(著)
腰痛は脳の勘違いだった―痛みのループからの脱出
book_youtsuu
を読んで大いに同意し、脳と患部両方で痛みをブロックする作戦へ。

脳へは精神安定剤デパス
患部へはブロック注射


と自分勝手に決める。



7月第2週 回復の兆し


サーノ医師の理論(痛みの根本原因は心の中の「怒り」や「不安」であり、
骨や椎間板などの構造的な問題が原因なのではない)を信じながらも、
他のことを試してみたい好奇心と、治らないイライラから、

整体での骨盤矯正を3回してもらう。


効果は  あったような、気がする。。。
この頃から仰向けで寝られるようになる。
痛みで明け方目が覚める時刻も、だんだん遅くなってくる。

いよいよ回復してきた!と錯覚。


ペインクリニックも継続。

ブロック注射(3) 仙骨へ1本


効果は  ない、、みたい。。。



7月第3週 逆戻り


回復してきている感じがしたので、何もせずに様子を見る。

しかし痛みが戻ってくる・・・。

痛みに対して「いいかげんにしてくれ!」

もう痛みに向き合うことに飽きてくる。




7月第4週  今度こそ、回復の兆し


痛みを相手にすることをやめると徐々に、
痛みが再び弱くなってくる。(何もしてない)


ペインクリニックは(効果がないので)もういいや、と思っていたが、
お医者さんがいい方で、ついつい予約キャンセルできず、

ブロック注射(4) 仙骨付近へ1本


効果は  やっぱり、ない。


注射や鎮痛剤はさっぱり効かないことを認め、きっぱりやめよう、と決意。


しかしスーパーなど近所への外出(付き添いあり)ができるようになるなど
確実に良くなってきている手ごたえあり。



7月第5週  回復期


薬も注射も整体もなにもしていないが、徐々に良くなってくるのがわかる。


結局、ホントに、自然治癒。時間が治してくれている感じ。


自分で車を運転して近所へ出かけられるようになる。
座ったまま食事ができるようになる。
お風呂に入ることが苦痛でなくなる。


と、今回こそ、本当に治ってきている気がする。

まだ立ったり歩いたりは痛みますが、痛みのレベルがはるかに低い。

ありがたい。ありがたい。



今後の予定、仕事もプライベートも考えられるようになりました。

うれしくって、ここでブログに記録しておきます。


坐骨神経痛は、腰痛とは別物
痛みは想像を絶するレベルに達しますが、命に別条があるわけでも、
後遺症が残るわけでもなく、必ず治るもの。

自分の人生、心の中を見直すチャンスになりました。

身体と心の不思議なつながり。ホントに不思議。





英語? そうでした。。。

友人からもらったメールより拝借



excruciatingly painful

excruciating(a) (肉体的に)極度に痛い、(精神的に)ひどく苦しめるような
excruciatingly(adv) 耐え難いほどに


the pain is subsiding

to subside (vi) (強さが)弱まる、治まる、沈静化する

初桃!pithy

2009年07月06日 20:08

初桃、いただきました!
peachcake01

我が家の御用達ケーキやさん ピータースの夏季限定ケーキ。
桃まるまる1個、中はさらりとしたクリームです。
peackcake02
(幸せいっぱいで食べるのに忙しく、写真いいかげん、すみません)


ピータースは祖母の代から家族3代にわたり通ってます。
都内のデパートに出店しているようなパティスリーより、
はるかにおいしい・・・と私は思います。でも秘密です。
地元でがんばってるところが嬉しい。

小さな宝石のようなケーキに顔も心もゆるみましたー。


ピータース
http://www.peter-s.jp/



ピーチつながりじゃないんですが・・・

最初ピッチー、かと勘違いした単語でーす。

(いや、勘違いした音がちょっと似てるから・・・)


pithy(a) (文章の表現などが)簡潔な、力強い、きびきびとした
[pi'θi]

pithy comment 的を射た発言
pithy line 歯切れのいいせりふ


経過報告 enzyme

2009年06月24日 14:48

ここ何日か、坐骨神経痛に完全にダウンしてました。

サーノ博士の認識療法(読書療法)を始めて数日間は
痛みの気配がすると叱り飛ばして中断させたり、とうまく
行っていたのですが、ちょっと注意力が落ちると容赦なく
痛みにとりこまれてしまい、イタタタタ、ばたん、ひぃぃぃと。
寝込み始めると起き上がれなくなります。

「安静にすればするほど回復が遅れる」

という意味がわかってきました。

でも痛みを叱り飛ばすのも、相当気力がいります。
まず痛みをこらえるのだけでも精一杯なところ、
そこからさらに痛みに向かって「オ~ラ」と怒る。
痛みが強烈だと怒るパワーすらでない。

痛みと、こちらの気力の、我慢比べ、になってます。

今のところ負け続け・・・。

痛みと戦うつもりはないのですが、
痛みを「受容する」ということがどういうことか
まだよくわからない~。わかったら治るかな。

来週は仕事復帰したい!とひそかな目標を胸に


参考まで、坐骨神経痛は「臨床的に最も激しい痛み」
だそうで・・・、私の場合はどんな感じかというと、

左ふとももとふくらはぎの裏全体が、
こむらがえりのようなピーンとつるような痛み、
筋肉なり筋なりを素手でわしづかみにされるような痛み、
と表現できると思います。

痛そうでしょう!!うふ。


でも痛みがないときもあるのです。
特に夕方から夜にかけての数時間は快調。
痛みがなく立ってられるってなんて幸せなんだろう、と
かみしめてます。

さー、回復までもう一息~。


生ジュースも快調です!


enzyme(n) 酵素
[e'nzaim]


腸内は酵素いっぱいで細胞元気。


ヘルニア psychosomatic

2009年06月15日 16:18

椎間板ヘルニア、それに伴う坐骨神経痛
と診断されて早2週間近くたとうとしています。

ちょっと立ったり座ったりすると(ま、もって5分)ピビビピーンと
激痛が左のお尻からふくらはぎにかけて走り、
バタンと倒れこんではうめいている毎日。誇張なしです。

脊椎の専門医から、「ヘルニアは自然治癒しかないよ」と
言われました。痛みをすぐに除去する必要がある場合は手術、
時間をかけて療養できるなら、ブロック注射や痛みどめで痛みを
ごまかしながら治るのを待つ。理学療法はしてもしなくても
変わらないらしいです。

MRIでにょきにょきっと飛び出て神経を圧迫している椎間板を
見たら、げ、こりゃ痛いはずだ、と納得し、手術のことも
チラチラ脳裏によぎりました。神経ブロック注射も効かなかったし。

ああ、何週間も寝たきりで、一生腰痛と付き合っていくのか、
ああ、東京にも行けず仕事もできないのか、、
ああ、NYに行こうとしていたのも延期だ延期、
ああ、動かないから筋力がおちてぶよぶよになるのか夏がくるのに、

とどよ~んと思っているのと同時に、「内なるドクター」という本を
読んで昨年来自然治癒や代替医療の威力に夢中になっていたため、
これは自然治癒に関して自分の身体で体験するチャンス!!

と、本を読みまくっています。

そして、出会いました!!!(クリックするとアマゾン飛びます)
healingthebackpain
サーノ博士のヒーリング・バックペイン―腰痛・肩こりの原因と治療

yotsuhaikari
腰痛は怒りである―痛みと心の不思議な関係


これは腰痛持ちだけでなく、誰もが読んでおいて損はないです。


要は

・背骨や椎間板の変形は、白髪やしわと同じいたって普通の老化現象。
痛みはそこから生じるのでは断じてない。

・痛みの直接原因は、筋肉や神経の軽い酸欠状態。

・それは、心の中で抑制された”怒りや不安”から意識をそらすために
脳(無意識)が選んで発生させているもの。

・背骨も腰も正常なので、身体を動かすことを恐れることはない。

・痛みに気を向けるのではなく、心(感情)に注意を向けること。


この”認識療法”により、腰痛は完治するのです。

腰痛だけでなく、首、肩などの痛み、胃潰瘍や大腸炎、
緊張性頭痛、偏頭痛、動悸、アレルギー性鼻炎(花粉症)、
耳鳴り、めまいも、同じメカニズムなのです。


これだこれこれ!これを探していたのよ~。


病気を痛みや腫瘍など身体的な問題だけに目を向けるのではなく
その人の性格・人生含めたまるごとを見直して根本治癒を目指す
全人的な治療こそ真の医学、これからの医療だ!!!

なんて、鼻息荒くしていたらこんな展開になったので、

まさに私はこの「痛みと感情と脳と身体」のつながりを
自分の身体で体験するためにヘルニアになったんだ!!と
思えるのです。

すごい!すごい!誰がこんなニクイ演出してくれるんだろう。


ということで、起き上がれず役立たずの状態ですが
頭はハイで元気です。

多くの方にご心配・ご迷惑おかけしておりますが
サーノ医師のおかげで自分勝手計画、あと2週間で復帰、
することにしましたので、皆様ごきげんよう~。


椎間板 (intervertebral) disk(s)
腰椎 lumbar spine
仙骨 sacral spine
ヘルニア hernia [hэ':niэ]

私は第5腰椎と第1仙骨の間の椎間板ヘルニアなので
「L5/S1のヘルニア」と医者は呼んでました。


坐骨神経痛 sciatica [saiae'tikə]
坐骨神経 sciatic nerve  [saiae'tik]
ふくらはぎ calf (calves)

to get cramp (手足の筋肉が)痙攣する

混同注意 to have cramps 生理痛がする

最近はふくらはぎが痙攣してつらいんですよ~。


心因性(a) psychogenic, psychosomatic
ズキズキする痛み tingle, tingling sensation
酸欠 oxygen deprivation

市販薬(処方箋なしで買える薬) behind-the-counter/over-the-counter medication
処方薬 prescription medication

MRI は Magnetic Resonance Imaging 磁力共鳴画像撮影?
CT は Computed Tomography コンピュータ断層撮影法
の略でした。


みなさんも身体・心、お大事に!!!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。