FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ママの幸せ pedigree

2009年06月30日 22:35

実は、6月2日に、わたくし、ママになりました。

と、ブログに書こう、書こう、と思いつつ、坐骨神経痛に
負けて更新できずにいました。

この子です。もうすぐ2歳になるポメラニアンの男の子。
toppo01
toppo02

名前はトッポ。韓国料理のトッポギからとりました。

私をはじめとする家族を大いに楽しませ癒してくれましたが、
一昨日6月28日に、交通事故で他界しました。

トッポの短い人生は波乱に満ちていました。

東京のペットショップで1年間売れずに過ごし、
保健所行きのところをある女性に救われたのですが、
彼女のマンションはペット禁止。数か月で見つかってしまい
追い出され、彼女の実家Mさん宅に預けられました。
そのご実家では猫3匹(4匹だったかな?)と
お年を召したおじいさん・おばあさんもいたことから
おてんばなポメラニアンは飼えず、同じ町内で
里親を探していらっしゃったのです。

一度引き取り手がみつかったものの事情があって
また戻され、次にようやく我が家にやってきました。

うちは10年飼ったポメラニアンを昨年亡くしたショック
からようやく立ち直ったところ。新しい犬を飼うことも
考えていた矢先でした。

トッポは1年間のペットショップ暮らしのせいか発育不良でした。
歯がよく生えそろっていない、皮膚が弱い、目が悪い、耳が遠い。

目はいつもショボショボしていて「おじさん顔」だったから
売れなかった、と聞きました。その目も、去勢手術のときに
逆さまつ毛を切開する手術をしたとのことでしたが、
それでも来た時はショボショボでした。

でもうちのかかりつけの獣医から目薬を処方され、
毎日さしていたらびっくりするほどパッチリおめめになりました。
耳をかいていたのはダニがいたからとわかり、
それも薬で退治できました。

うちでは庭をかけまわり、もう1匹の犬ホタルとも急接近して
親密になり(ホタルはメス)、ごはんもささみをモリモリ食べ、
嬉しそうにスキップしてあぅあぅと歌っていました。
体重も1.7kgから2kgに増えました。(それでもチビっこ~)

そして幸い?坐骨神経痛でずっと家にいた私になつき、
この4週間、ずっと一緒でした。今まで何匹も犬を飼いましたが、
こんなに慕われたことはありません。どこでもついてくるんです。
夜は寝かしつけてからでないとお風呂に入れませんでした。
私がNYに行くときは連れて行くしかないんじゃないか、と
思われるくらい、私の子になってくれてました。

目を細めて愛情込めて手や顔をなめてくれ、
身体を触ってあげると気持ちよさそうに寝入ってしまう。

しつけもだんだん覚え始めてきて、これから家犬として
楽しい人生を送ろうという矢先でした。

交通事故で犬をなくすのは初めての体験。
病気もつらいけど、事故は突然なのが余計つらいですね。
ペットロスはもう何度も経験していますが、
あの時こうしていれば、私がこうしていたら、と後悔がつきもの。
泣いて泣いて泣いて、泣き疲れて、時が癒してくれるものです。

昨日Mさん母娘にも来ていただき、涙の対面。
Mさん宅ではトッポは「シンデレラ犬」と呼んでもらっていた
そうなのに、こんなことになってしまって、本当にごめんなさい。

今日は家族そろって埋葬しました。
おもちゃを抱いて、お花に埋もれて。

しばらく涙は止まりません。

みんなにトッポのことを話さないで終わっちゃいけない、と思い、
悲しいお知らせですが報告しました。

トッポの人生は短かったし、つらいことも多かったけど、
それでも生まれてきてくれてありがとう、私たちのもとに
来てくれてありがとう、と心から思っています。
私はトッポに出会えて本当に幸せでした。トッポも私たち
家族のもとで、つかの間だったけれど、癒された時間を
過ごしてくれたと信じています。

筑紫哲也さんや、忌野清志郎さん、最近ではマイケル・ジャクソンも、
亡くなってしまうのは本当に悲しいけど、死そのものは仕方がない。
ただそれが、「癒された死」だったかどうかが、最近の私の
関心です。抵抗して逆らって負けて死ぬのではなく、肉体の死を
静かに納得して受け入れ、生に満ち足りて安らかに死ねるかどうか。
そういう癒された死、つまり、癒された生。
病気になると、こういうことを深く考えます。

生まれてくる命は、人間でも動物でもすべて尊い。
病気でもハンディキャップがあっても、同等に尊い。
一部のペットショップや、密漁、非道な飼育など、
命を商品としかみなさないビジネスの手法には断固反対です。

ケースにいれて陳列するタイプのペットショップは以前から
動物虐待ではないかと抵抗を覚えていました。
欧米の事情を調べて、日本の法整備ができるように何か
できることはないか、これから課題の一つにしようと思います。


トッポ 2007年7月25日―2009年6月28日

勇気があって気が強くてプライドが高くて
甘えん坊で頭がよくて、本当にいい子でした。

ありがとう、トッポ。

光になって、またきっとどこかで会おうね。


pedigree (n) 血統(書)、家系、起源、家系図
[pe'digri:]

pedigree diagram 系図
pedigree dog 血統書付きの犬
family pedigree 家系図
スポンサーサイト


コメント

  1. shiori | URL | ywyeKyps

    トッポくん、どうぞ安らかに・・・

    トッポくんのご冥福を心から祈ります。
    どんなに寂しいことでしょうね・・・。
    でも、最後の4週間を愛されて精一杯楽しく過ごせた彼は、幸せだったと思います。

    波乱な犬生の最後に、神様はちゃんとそういうプレゼントをくださるんですね。
    坐骨神経痛はかわいそうだけれど、だからトッポはずっと一緒に居られて、どんなにか嬉しかったろうと思うと泣けてきます。

    3年前、うちの息子ルカ(ミーナの兄弟)が、生後8ヶ月でベランダから落ちて逝ってしまったのと同じ命日です。

    私の誕生日の前日。だから、携帯メールくださった時、ちょっと混乱してたのでしょう?
    そんな時に本当にありがとうね。

    ブログアップした勇気、トッポくんもちゃんとわかってると思いますよ。
    どうぞ元気を出してくださいね。坐骨神経痛が早く回復するよう祈ってます。

  2. miayo | URL | -

    shioriさんへ

    shioriさん、あたたかなメッセージありがとうございました。
    ルカのことは私も時に思い出しては心が痛みます。
    事故って、ホントつらいですね。同じ命日だなんて。
    きっとトッポはルカと遊んでますね~今頃。
    二人が遊んでいる姿を想像すると、泣き笑いです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://mybucket.blog45.fc2.com/tb.php/122-d73ef0c9
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。